導入事例

導入事例インタビュー


着金時刻が金融機関と変わらないどころか当日送金も可能で会計業務に柔軟性が増しました。

積村ビル管理株式会社 代表取締役 二村 伝治 様




---積村ビル管理様の業務内容を教えていただけますか?

二村:建物の総合管理業として、賃貸不動産経営、分譲マンション管理、テナントリーシングを柱に、オーナー様の大切な資産を守り・活かすためのマネジメントを行っています。経年と共に下がる市場価値を高める大規模修繕工事や、リノベーション事業、不動産の売買からファイナンス、税務相談まで対応可能なワンストップコンサルティングで貢献いたします。
当社は昭和60年の創業以来、「24時間365日対応」を前面に打ち出し、顧客の立場にたった真のサービスを常に心がけております。

---Bankur導入のきっかけを教えてください。

二村:「Bankur」のお話しを伺い、社内で従来の振込手数料と比較したところ、経費削減が可能になることがわかりました。更に伺ったところ、導入前後に複雑な準備が不要であったことや、月額利用料が不要であることなど取り組みやすい内容でした。初心者にもわかりやすく設計されており、特別な知識・技術の必要がなかったことも一因です。

---Bankurを導入するにあたり不安だったことはございますか。また不安を払拭できた理由について教えてください。

二村: 一時的にとはいえ、資金を一旦お預かり頂くことになる点について抵抗がありました。
ところが「信託保全」についてご説明頂き、逆に安心感に変わりました。また、先方への着金時刻が従来より遅れるのではないかとの不安がありましたが、金融機関と変わらないどころか、場合によっては当日振込も可能であることがわかり、会計業務に柔軟性が増しました。

---Bankurを導入した目的を教えてください。

二村:そもそもは、「経費削減対策」として導入を検討していましたが、現状の業務フローとともに精査していくことで、業務改善(作業時間短縮)・業務の平準化が可能であることもわかり、今回の導入に至りました。

---Bankurを利用した所感はいかがでしたか?

二村:通常、会計システムの導入には膨大な時間を要しますが、「Bankur」は導入まで短期間で準備することができ、手数料の大幅なコストダウンに即時貢献して頂くことができました。
システムの操作方法につきましても、複雑な内容でなくスムーズに扱うことができ、専用画面は金融機関のシステムより確認しやすく、業務効率もアップしました。

---Bankur導入検討中の方へアドバイスをお願いいたします。

二村:振込手数料は金融機関への「固定費用」と諦めるのではなく、まずは一度「Bankur」の内容を確認してもらえればと思います。業務フローの大きな変更を要することなく大きなコスト・メリットを見出せる可能性があります。

積村ビル管理株式会社

事業内容建物総合管理業・一級建築士事務所・警備業
所在地愛知県名古屋市中村区横前町66番地
ホームページ 積村ビル管理株式会社
お問い合わせ先 0120-896-576 平日9:00~19:00 土曜10:00~17:00