導入事例

導入事例インタビュー


一律260円の振込手数料、組戻し手数料無料で飲食店のアルバイト給与の支払いに最適です。

株式会社ナッソーインターナショナル 代表取締役 長崎 雄三 様




---まず、ナッソーインターナショナル様の事業内容を教えていただけますか?

長崎: 1995年に設立し、現在は【 イベント事業・旅行事業・飲食事業 】を行っています。イベント事業では企画・制作・運営を主にして、ステージで行う発表やパーティー、記者会見、新商品発表など直接お客様にアプローチをする宣伝方法のプロデュースを行います。イベント事業で全国規模のキャンペーン行っているうちに旅行の手配もワンストップでやりたいと旅行事業も開始して現在では企業の福利厚生の社員旅行なども取り扱っています。
また飲食事業では「S-1サーバーグランプリ」という飲食店の接客サービスを競うイベントの企画・運営を通じて飲食業界のボトムアップと認知向上に関わり、そこから自分達も何かできることはないかということで、「ゴーゴーカレー」を2店舗経営しています。

---Bankur導入のきっかけを教えてください。

長崎:ネットバンキングでも1回の送金につき500円くらいかかり、振込手数料が高いと思っていて、安くできる方法はないのかなと探していたんですね。特に飲食店の場合はアルバイト社員の入れ替わりも多く、当初は弊社のメインの銀行と同じ支店の口座を作ってもらっていましたが、新しい人が入るたびに銀行の口座を作ってもらうのも大変でした。
そんな時にBankurを知り「相手の口座に関係なく、そんなに安くできるところがあるんだ」とビックリして、すぐに詳しい話を聞きに行きました。

---送金代行サービスというまだ新しいサービスですが、導入にあたりご不安だった点はありましたか?

長崎: Bankurの送金資金専用口座に一度大きな額を入金する点と、そこからきちんと先方に振り込みされているのか、単純に会社を信じていいかというところが不安でしたね。

---その不安要素はどのように払拭されましたか?

長崎:JP Linksは宮城県の会社じゃないですか。東日本大震災の後で、会社を設立するなら宮城に雇用を生みたいと考えてそうしたと聞き、それは素晴らしい考えの会社だと思いました。それもあり、送金手数料が安くなるというのは一番自分が望んでいたサービスですので、一回やってみようとなりました。





お問い合わせ先 0120-896-576 平日9:00~19:00 土曜10:00~17:00